中高年が選ぶ!就職に勝つための秘伝の戦略

*

途中入社の注意点

   

途中入社での注意点

 途中入社をする場合、あなたがどんなに大きなキャリアをつみかさねてきたとしても、新しい会社では新入社員として仕事をすることになります。したがって、最初はできるだけ謙虚な姿勢を維持することに努めましょう。

 たとえば、仕事のやり方に関して意見があったり、不満があったりしても、最初は会社の慣例にしたがうべきです。

 それぞれの会社ごとにルールやシステムが整っており、それらは多くの方が納得しているもののため、それを途中入社をしたあなたが簡単に壊してしまうのは、ひんしゅくを買う可能性が高いです。

空気を読む

 途中入社の方は特に空気を読むことに集中しましょう。途中入社をするということは、それまで既存の社員が仕事をしていたところにあなたが新しく入っていくことになります。

 その場合、どうしても場の雰囲気がおかしなものになってしまいやすいです。特に中高年の方が途中入社してくる場合には、既にいる社員によって形成されてきた空気がおかしくなる可能性が高いです。

 なるべく場の空気を乱さないようにして、すんなり溶け込めるように努力しましょう。あまり目立つことはしないようにして、郷に入れば郷に従えの気持ちを常に持っておくことは大切です。そうすれば、すぐに新しい職場に溶け込めるでしょう。

【関連記事】
退社のための手続きで必要なこと
入社の挨拶でのポイント

 - 退職・入社

  関連記事

入社の挨拶でのポイント

一番最初が肝心  転職をして新しい会社へ入ることになったならば、どのような形であ …

退社のための手続きで必要なこと

退社時の書類のやり取り  退社する時には、社会保険や労働保険などの資格喪失に関す …