中高年が選ぶ!就職に勝つための秘伝の戦略

*

入社の挨拶でのポイント

   

一番最初が肝心

 転職をして新しい会社へ入ることになったならば、どのような形であれ入社の挨拶をする場面があるものです。この時に、相手から好かれるような挨拶をすることができれば、スムーズに新しい職場へ溶け込めるようになるでしょう。

 逆に最初の挨拶でひんしゅくを買うようなことがあれば、その後、職場に溶け込めるようになるまでかなり苦労してしまいます。まず、愛想よくして笑顔で大きな声で挨拶をしましょう。中高年の場合はどうしても上から目線になりがちなのですが、低姿勢でいることが重要です。また、自分から職場の一人ひとりに挨拶していくことも大切です。

挨拶での注意点

 挨拶の際には、前の職場のことを話題にするのはやめましょう。また、自分の過去の経歴やキャリアなどを自慢気に話すこともいけません。謙虚な気持ちを示すことが大切です。挨拶は手短に終わらせましょう。

 特に中高年の方の挨拶は長くなる傾向があるのですが、長い挨拶というのはたとえどのような内容だったとしても嫌われやすいものです。

 挨拶だけではなくて、髪型や身だしなみにも注意を払い、好印象を持たれるように色々な努力をしてください。挨拶なんてどうせすぐに忘れてしまうものです。その場の雰囲気を壊さないようにすればそれで十分でしょう。

【関連記事】
退社のための手続きで必要なこと
途中入社の注意点

 - 退職・入社

  関連記事

途中入社の注意点

途中入社での注意点  途中入社をする場合、あなたがどんなに大きなキャリアをつみか …

退社のための手続きで必要なこと

退社時の書類のやり取り  退社する時には、社会保険や労働保険などの資格喪失に関す …