中高年が選ぶ!就職に勝つための秘伝の戦略

*

中高年層が就職するためには、相当の活動期間が必要かもしれません

   

相場や平均を出すのは困難です

 転職活動であれば、中高年の人がどれだけの活動期間を要するのかというのを割り出すことができるのですが、就職活動期間となるとそう簡単に相場や平均の値を出すことはできません。

 就職前に何をしていたのかにもよります。もし非正規雇用であっても何かしらの仕事をし、技術等を身につけているのであれば、1、2週間で就職できる人もいるでしょう。全く仕事をした経験がないのであれば、4か月、5か月、6か月とかかってしまうのが普通。

 一度就職した経験があり、何かしらの事情でそこから遠ざかっていたという人は、3か月くらいの就職活動期間で働き先を見つけられる可能性が出てくると思います。

“就職すること”を第一に意識

 就職を目指している中高年層の人が一番に意識したいのは、就職先を見つけることです。それ以外にはないと言ってもいいかもしれません。

 働く先に何かこだわりを持つというのは当然のことでしょう。しかし、そのこだわりを持つことを一番に意識してしまうと、就職活動にかかる期間は全く縮まることがなく、やがてそれが自分の首すらも絞めることになるのです。

 就職することを第一に意識すれば、こだわりも消えていくでしょう。それは悪いことではありません。就職をしないと何も始まらないわけですから、意識の持っていき方を間違わないようにしなければいけないのです。

意識し過ぎると焦りが生まれます

 意識の持っていき方を間違ってはいけないと言いましたが、就職活動にかかる期間、これも過剰に意識はしない方がいいでしょう。ここはバランスが少し難しいところでもあります。

 就職活動期間を短くするためには、給料や職種にはあまりこだわるべきではありませんが、しかし、就職活動期間を短くすることにこだわり過ぎると、今度はブラック企業にはまってしまったり、就職してもすぐに辞めたくなるような企業を選んでしまうリスクが生まれるのです。

 焦りも生まれるでしょう。焦りは失敗の元凶ですから、就職することを強く意識しつつも、ある程度の就職活動期間はしょうがないと思っておく余裕が必要なのかもしれません。

【関連記事】
転職活動の流れについて
転職活動を始めるタイミングとは
転職希望者の市場価値について

 - 転職準備

  関連記事

転職希望者の市場価値について

自分の市場価値を把握する  転職というのは、自分のことを必要だとする企業がいなけ …

転職活動を始めるタイミングとは

転職活動はタイミングが重要  転職活動をすぐに始めようと思ってもできないことが多 …

転職活動の流れについて

転職活動の大まかな流れを理解する  転職活動の準備を始めるためには、まずは流れに …